リスニング

英語のリスニングの難しさには幾つか理由があります。英語と日本語では音声の周波数帯が異なり、日本人は英語の高い周波数に慣れていない。また、日本語と英語の語順の違いも大きいし、母音の数や発音の相違もあります。 (関連ページ:英語の発音
ホーム英語新館 > リスニング

ホーム

メルマガ
 項目別 Back-No.
  英会話
  句動詞
  英熟語

英語 top

英語別館

英語新館

英語系リンク
 メルマガ/サイト

サイトマップ

英語新館(2)
形容詞の後置修飾

名詞と動名詞

oneself と
by oneself

20年後の英語

英単語・熟語
の覚え方

撞着語法

any と every

イギリス

英語 国名・言語名

有機野菜  水虫

乾燥肌 花粉症

陰金田虫 歯周病

英語別館(2)
米大統領

数量(単位換算)

英語の国の概略

比喩表現
IT用語(PC関連)

時事英語

ビジネス用語

ゴルフ用語

野球用語

他動詞と前置詞

比較・最上級 強意

 

英語・英会話 無料ツール・CD等:

語彙 無料e-mail学習ツール

子供向け ディズニーの英語… 絵本/CD 無料

英語(本館)
資格・試験(検定)

書籍(英語本)

手紙の書き方

ことわざ

勉強方法

米語と英語

英語略語
 UN,WTO等
 ASAP,FYI等

発音

翻訳

留学

英字新聞

間投詞(感嘆詞)

擬声/音語・擬態語

性差のない表現

カタカナ英語

接続詞

時の副詞(句)

接頭・接尾辞[語]

数の表し方

英語新館
英語の人名

逆成語

英語のなぞなぞ

英語の早口言葉

スペリング
アルファベット

英語に聞える
日本語

カントリー家具

イディオム

スラング

アメリカンジョーク

英語の語呂合わせ

英語 eBook (pdf)

リスニング

ストラップ

英語新館(3)
家族の呼び方

料理用語・表現

英文法用語

Globish

体の部位

何座ですか

GPA

have got (to)

アメリカの省

20/20 vision

英語別館
アメリカの祝祭日

日本の省庁(英名)

NHK英語講座

英語-数の数え方

体の部分使用表現

同音異義語

色・数使用の表現

名詞を用いる表現

天気の表現

相撲用語

寿司英語

特殊な仮定法

分詞形容詞

名詞を作る接尾辞

第2文型/受動態

ちょっと英会話
日常/トラベル英語,フレーズ

前置詞等の比較

ミニ コンテンツ:
コロケーション
Big Apple
回文

英語リスニングの難しさ

・英語と日本語では音声の周波数帯が異なる

日本語は母音が主で400〜1200(1500)ヘルツ辺りが中心なのに対し、米英語は1500〜5000ヘルツ(以上8000,10000辺りの子音もあり)で、日本人は高い周波数帯の2000ヘルツ以上の子音を認識しにくい。
こういう話は何度かテレビの情報番組等で紹介されたこともあります。
(日本語は常に子音と母音が対になって音を構成し、相対的に母音が多いが、英語には子音の音が多く含まれている。)


* 英語の音声を(機械的に)速くすると聞き取り難くなるのは、(速度を上げると)周波数が高くなる事も理由の一つ。

* 同じ人が日本語と英語を話す場合、英語の方が周波数が高い。

余談ですが、声の基本周波数(声帯の振動数:男性は110〜150Hz・女性は220〜270Hz)というのがあるんですが、先日トリビアの泉で、曙の声の基本周波数は90Hzなので早回しの1.3倍速にすると117Hzになり聞き取りやすくなるというのをやっていました。

* 声の基本周波数と身長は反比例の関係で、身長が高いほど周波数・声が低くなる。

* NHKの時報の音、始めのプッが400で,終わりのピーが800(電話の時報は500と1000)


・日本語と英語の語順の問題

日本語と語順の違う事が、英語のリスニング(・リーディング)での理解度を低くしています。英語をその語順のまま、頭から(意味の取れる数ワード毎に)理解していく英米人の英語的な思考が、練習しないとできない。

* 語順や単語,文法的にも近いヨーロッパの言語を使う人達は、英語の学習時間が日本人よりはるかに短くても上達している。


・音と発音の相違

英語は日本語に比べての母音が多く、また、音の変化・連結や短縮等があり発音が複雑。


・他

単語の意味や綴り以外にも、5000〜8000語位の音を認識できる必要がある。
3〜6ワード位のチャンク{chunk:語の塊,慣用的な英語表現(句・節)}を沢山覚えている方が良い。

 

リスニング法,教材・機材,発音

リスニング法・教材(CD等)

「スピードラーニング英語」

『スピードラーニング』は、発売から19年、85万人を超す受講者から 勉強感覚でなく、音楽を聞くように、自然に楽しく英語も触れることの できる教材と好評。旅行、日常生活など海外でよく使われるフレーズを 数多く収録しているため、現場で役に立った!との声も多い。

「最年少プロゴルファー石川遼選手も受講中」

 

小分割の同時通訳方式で英語をリスニング
(2種類:日本語→英語の順と、英語→日本語の順)


小分割/和英順方式

英文と和訳の両方が載っているテキスト、どちらを先に読みますか?

和訳からの方が、英語の内容が分かり易いと思う方。

このCDは、日本語→英語、日本語→英語、と交互に,少しずつ, 区切りながら進んで行くので、リスニングに最適です。

低価格の「賢者の贈り物」(中級)から試す人、
初級の「ロミオとジュリエット」から始める人、
31% offで4作品(上記以外に2点あり)まとめて購入する人、色々です。



スーパーエルマー   

英語→日本語、英語→日本語、同時通訳方式で小分割された英語,日本語を順に聞いていく。 (次に、小分割された英語だけを聞く、最後は、英文全般を聞く。)


* 2コース

「CBSイブニングニュース」が教材で、内容は「政治、経済、医療、教育、犯罪、文化」
話すスピード:150〜170語/分

Voice of America(アメリカを紹介する米国政府制作ラジオ番組)が教材
話すスピード:約100〜130語/分(基本英単語2,000語以内)


* 「ハイパー・スピード理論」のハイパー・スピードCD(教材の一部)

高速の音声を聞くことにより聴覚が刺激され、大脳が活性化し、言葉に関係する音声知覚を発達させる効果がある。
高速の英語を聞いていると集中力が増し、今まで速く感じたナチュラルスピードの英語が明瞭に聞こえてきます。
ハイパー・スピードCDは、ナチュラルスピードの150%から始めて、最速200%まで段階的にスピードアップします。

 

リスニング機材

バイオ・リスニング

英語教材やテレビ・ラジオの英語講座等をバイオ・リスニング(英語トレーニングマシーン)を通して学習。


* 日本人が聴き取るのが苦手な英語特有の高い周波数(子音)を短期間で聴き分ける「耳」を作る。

フォーカスバンド機能は、英語の1500〜5000ヘルツの周波数を強調します。程度は3段階で調節でき、聴き取りスキルにあわせた訓練が可能。


* 英語を聞くとき、西欧人は左脳で子音をとらえ、右脳で母音と組み合わせて認識しますが、日本人は左脳で母音を理解しています。この違いがリスニングの妨げになっていますが、それを解決するのが「言語リズム習得機能」で、英語のリズムのままとらえる英語に対応できる脳になります。



マジック・リスニング

専用ヘッドフォンで、聴覚トレーニング用CD(クラシックやジャズなどの音楽を高次倍音で特殊処理した処理音)を聞いて英語耳を訓練。


* 聴こえているはずなのに、認識できていない音

日本人は母音ばかり選んで聞き取る癖があり、高い周波数帯の子音に対してはなかなか敏感に反応できません。高い周波数の音は日常会話において必要とされていない領域なので、耳に入ってきても無意識に脳が勝手に排除してしまう。

 

発音

発音(と教材)についてのページ

 

 
 
~7, 6.9.1