海外 移住・ロングステイ

完全に海外移住するのはたぶん無理ですが、シニアになったらロングステイしたいと思っています。アジアではタイが好きなんですが(旅行行った時ちょっとだけタイ語勉強しましたが、やっぱり無理だと思います)英語の使える国がいいです。アジア(マレーシア・ペナン,タイ,フィリピン),ニュージーランド,オーストラリア,ハワイ…

【*注意:治安情報は変動するので各自で外務省海外安全ホームページ等を確認して下さい】
【ビザの詳細,条件等の確認は各自で大使館,旅行代理店等で確認して下さい】
 

ホーム

 

ストラップ

 

カントリー家具 イギリス 海外ロングステイ

 

善哉と汁粉 ビール類 鍋料理

コーヒー チョコレート

有機野菜 禁煙

 

乾燥肌 花粉症 

陰金田虫 水虫 歯周病

 

ニュージーランド(オークランド)

  1. 英語が必要
  2. 日本語の通じるのは都市部の大病院の一部
  3. 外務省海外安全ホームページ(ニュージーランド)
    現在、危険情報は出ておりませんが…
  4.  
  5. 3か月以内(6か月延長可):ビザ不要
  6. ニュージーランド大使館
  7. 物価は日本の約3/5、食材は安く(日本の食材は高め)、食費は外食,日本食も含め月30,000円位
  8. ユニット・フラット(生活設備付)が月6〜7万円位(6か月以上契約等)から

 

オーストラリア(ケアンズ)

  1. 英語が必要(現地学生の外国語選択に日本語が多い)
    日本からの語学留学生・観光客も多く、レストラン,買物などでは日本語が通じる店も多い(ケアンズ)
  2. 日本語の通じる病院も多数ある(シドニー,ケアンズ,パース等)
    翻訳通訳サービス:政府提供,年中無休,電話による24時間対応,病気等緊急時も安心
  3. 外務省海外安全ホームページ(オーストラリア)
    現在、危険情報は出ておりませんが…
  4.  
  5. 3か月以内:観光ETAS(イータス=電子渡航許可)または,ビザ(最長12か月まで延長可)、他に投資家退職者ビザ(資産条件が高い…)等
  6. オーストラリア大使館
  7. 生活費は(食材等が安いので)日本の約2/3位
  8. コンドミニアム(ホリデーユニット)月7〜8万円位(家賃は日本と比べてそんなに安くなく、形態も多種多様)

 

国・地域

  1. 言語
  2. 病院
  3. 治安
  4. 日本人コミュニティー
  5. ビザ種類・期間・条件
  6. 大使館(関連)のweb
  7. 物価・生活費(食費等)
  8. 家賃

 

マレーシア(ペナン)

  1. 英語も公用語
  2. 日本語の通じる病院はクアラルンプールやペナンなどには一部ある
  3. 外務省海外安全ホームページ(マレーシア)
    東マレーシア(ボルネオ島)のサバ州東海岸等で「十分注意してください。」以上が発出

  4. 沢山のリタイア世代が在住、日本人長期滞在者協会(観光局内)あり(ペナン)
  5. 3か月以内:ビザ不要(出国再入国で、年間を通して6か月以内の滞在可)、5年以内(延長可):シニア対象のロングステイビザ(マレーシア マイセカンドホームプログラム)『マレーシアの公的金融機関に10万リンギット等の5年定期預金や,マレーシア以外で7千リンギット以上等の所得があることが条件で、50歳以上か未満により異なる』
  6. 駐日マレーシア大使館・総領事館(外務省のページです)
  7. 飲食費は日本の約1/3、外食,日本食も含め月20,000円位
  8. コンドミニアム(生活設備付)が月額約50,000円(年単位賃貸)等

 

タイ(バンコク,チェンマイ)

  1. 英語は観光地のホテルやレストラン等の一部
  2. 日本語の通じる病院はバンコク,チェンマイには複数ある
  3. 外務省海外安全ホームページ(タイ)
    南部のマレーシア近接で「渡航の是非を検討してください。」等もある
  4. 多くのリタイア世代が在住(バンコク:シーロム,スクンビット通り周辺)
  5. 30日以内:ビザ不要,60日以内(30日延長可):観光ビザ(数次ビザ有り),90日以内:ノンイミグラントビザ,90日以内(1年へ延長可):年金ビザ,1年以内:ロングステイビザ
  6. ビザの詳細,条件等の確認は → 在京タイ王国大使館
  7. 食料品等は日本の2〜3割程、日本食レストランの値段は日本よりも若干安め
  8. コンドミニアム,サービスアパートメント(生活設備完備)が月6万円位から

 

フィリピン(マニラ)

  1. 英語も公用語
  2. 日本語の通じる病院は一部
  3. 外務省海外安全ホームページ(フィリピン)
    全地域で「十分注意してください。」以上が発出
  4.  
  5. 21日以内(1年まで延長可):ビザ不要,永住可:退職者特別居住ビザ(リタイアメントビザ:SRRV)『50歳以上では50,000USドルを定期預金にする等が条件』
  6. 駐日フィリピン大使館・領事館(外務省のページです)
  7. 物価は2分の1から5分の1位、食費は外食,日本食も含め月20,000円位
  8. コンドミニアム(生活設備・セキュリティ完備)が月6万円位から

 

ハワイ(オアフ島)

  1. 日本語だけでもどうにかなる(日系人も多い)
  2. 日本語の通じる病院も多い
  3. 外務省海外安全ホームページ(ハワイ)
    現在、危険情報は出ておりませんが…
  4. 日系人が20%、日本語は街のあちこちで通じる
  5. 90日以内:ビザ不要、90日を越える滞在(最長で6か月):観光ビザ
  6. 在日米国大使館
  7. 物価は日本と変わらないか高い位
  8. コンドミニアム(ワンルーム,生活設備付)で月11万円位〜

 
~8, 8.2.20