歯周病(歯肉炎・歯周炎)の症状・予防・治療

歯周病(歯周炎・歯肉炎)は、虫歯(齲蝕症)と共に歯科の二大疾患です。成人の80%以上が罹るといわれる歯周病(歯槽膿漏)は30代から始まり比較的ゆっくりと進行し、初期には殆ど症状は無く歯磨きの時に歯茎から血が出る程度ですが、進行すると歯肉が腫れ,膿がでたり歯がぐらつき抜けてしまうことがあります。歯肉炎は初期の症状で、10〜20代前半で既に半数以上の人に傾向がみられます。症状の進んだ歯周炎と合わせて歯周病といいます。
 

ホーム

 

ストラップ

 

カントリー家具 イギリス 海外ロングステイ

 

善哉と汁粉 ビール類 鍋料理

コーヒー チョコレート

有機野菜 禁煙

 

乾燥肌 花粉症 

陰金田虫 水虫 歯周病

 

● 歯周病の治療

歯肉炎(や軽度歯周炎)の段階で、歯医者(歯科医院)さんで(ルートプレーニングを行い)歯石を除去しましょう。

日本人の約50%が歯周病で歯を失っていますが、歯を失うと食事もうまくできません。

また、歯周病のような遠隔の組織の細菌感染症が体の他の器官へも悪い影響を及ぼす事例が有り、血流を介して糖尿病,心臓血管病,早産等にも作用・関連しているようです。

● 歯周病(歯肉炎・歯周炎)の症状

歯肉炎は歯肉溝(歯と歯茎の境目:歯周ポケット)にプラークがたまった歯肉の炎症による出血や腫れで、炎症がより強くなり歯肉の色がより赤みを帯びてくると歯周炎で、歯の根っこを支えている歯槽骨の破壊も始まります。歯周病が進行すると歯槽骨が吸収(溶ける)して、歯がグラグラになります。

歯を磨いた時の出血,歯肉の色の変化,口臭,歯がしみる,起床時口の中のネバネバ感,歯間(の隙間)に食べ物がつまる,冷たい物がしみる,歯肉が下がって歯が長くなってきた気がする,歯並びや噛み合せの変化等(の症状)がある時は注意が必要です。

* 歯槽膿漏{(慢性)辺緑性歯周炎}:歯槽骨の辺りから膿が漏れ出してくる事から、そう呼ばれるもので、(成人性)歯周炎。

* 歯肉炎のタイプ:妊娠中に発生する妊娠性歯肉炎や、高血圧治療薬等を服用している人にみられる薬物性のものもあります。

* 歯周炎のタイプ:遺伝的素因が強く女性に多くみられる思春期前歯周炎や、遺伝的問題・免疫機能低下等が原因で若年者に起る若年性歯周炎があります。また、急速に進行する急速進行性歯周炎は20代前半から30代半ばに起ります。

・歯周病の菌とプラーク

歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は、虫歯菌や歯周病菌等の微生物(細菌)の塊りで、歯石はプラークが石灰化して硬くなったものです。


● 歯周病(歯肉炎・歯周炎)の予防

歯肉溝にプラークがつかないようにブラッシング(プラークコントロール)が必要です。方法は、歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に45度(90度)に当て小刻みに左右に振動させるように磨きます。歯茎の血行も良くなります。歯ブラシで磨けない所はデンタルフロスや歯間ブラシ等を使います。

・歯周病の因子

* 喫煙による血流の悪化
* ストレスによる身体の抵抗力低下
* 軟らかくて甘い物ばかり食べているとプラークができやすい
* 偏食により栄養摂取が不十分になり身体抵抗力が低下

* 糖尿病の方の抵抗力低下
* 女性の思春期,妊娠,更年期の女性ホルモンの影響
* 口呼吸による口中の乾燥
* 歯並びが悪いと歯ブラシが十分にいき届かずプラークがつきやい
* 歯軋り

歯科医院で少なくとも半年に一度は定期検診を行い、しっかりとプラークコントロールをしましょう。

 
~4, 7.1.26