花粉症

スギ花粉が有名ですが、他にヒノキや,秋にはブタクサ等の花粉症もあります。ハウスダスト等が原因の通年性のアレルギー性鼻炎もあるようです。花粉症の知識・症状・対策をまとめてみました。
 

ホーム

● 花粉症の知識

日本人の十数(〜20)%位が花粉症(季節性のアレルギー性鼻炎)のようです。年齢的には30〜50歳代に多く、また70%程はスギ花粉が原因のようです。

複数の花粉に反応する人も多いようで、花粉症の原因になる約60種類の植物の内、主なアレルゲンはスギ(1〜4月)、ヒノキ(3〜5月)、稲科植物(3〜10月:特に初夏)、キク科植物(9〜10月)のブタクサ,ヨモギ等で、地域により特徴や飛散時期に差があります。

・花粉症のメカニズム

体に異物(アレルゲン・抗原)である花粉が侵入すると、これに反応する物質:IgE抗体が作られる事があります。その後体に花粉が入って来ると、鼻粘膜の肥満細胞(アレルギーの細胞)の表面にある抗体と結合してヒスタミン等の化学物質が分泌され花粉を排除しようとし、くしゃみで吹き飛ばしたり,鼻水・涙で洗い流し,鼻づまりで進入を防ぐ等の症状が出て来ます。


● 花粉症の症状

(連続する)くしゃみ・(ずっとサラサラした)鼻みず・鼻づまり、目のかゆみ・なみだ・充血、喉のかゆみ等。花粉症は風邪と異なり発熱はあまり無く、これらの症状が長引きます。

・タイプ

くしゃみや鼻みずが中心のタイプと鼻づまりが中心のタイプとがありますが、花粉の飛散時期や量によって症状が変わったり,花粉の飛散量に比例して悪化する傾向があります。

・発症

大量の花粉に接すると花粉に対する抗体を作る可能性が高まり、抗体が多く作られると何かのきっかけで花粉症を発症することがあります。

* アレルギー疾患

他のアレルギー疾患をもっている人や、家族が何かのアレルギー疾患を持っている人は、花粉症になりやすいと考えられています。


● 花粉症の対策

・花粉症情報をチェック

テレビ等の気象情報・花粉情報に注意し、雨後の晴天で,最高気温が高く,湿度も低く,風のある日は気を付けましょう。

・セルフケア

* 花粉の飛散の多い時間帯(午後1〜3時頃,夕方)の外出を控え、ドア・窓を閉め花粉の侵入を防ぐ。
* 外出時は帽子・マスク・メガネ・マフラー等を着用し、毛織物の上着・コート類は避けて、表面がすべすべした綿やポリエステル等の化学繊維の素材が良いです。外出後は洗顔やうがいをしましょう。
* 衣服や洗濯物,布団等に付着した花粉は玄関(入口)でシャットアウトし、掃除もこまめにするようにする。
* 充分な睡眠等の生活習慣を維持する事やストレスを貯めない事が正常な免疫機能の保持に重要です。
* 酒の飲みすぎ,タバコを控える事も鼻の粘膜を正常に保つ為に重要です。

・治療

花粉症治療の中心は「初期療法」等の薬物療法です。
抗アレルギー薬の服用を花粉が飛散する2週間位前から始め、シーズン中も継続し高い効果を期待しましょう。
初期療法のメリットは、症状が現れるのを遅らせることができ、花粉の多い時期の症状を軽くすることが出来る事です 。
花粉症の症状が出始めた初期では鼻粘膜の炎症が進んでいないので、炎症の進行を抑え早く正常化させることが出来て重症化を防ぐことが可能です。

* くしゃみ・鼻みずには抗ヒスタミン薬、鼻づまりには抗ロイコトリエン薬等が使われます。

* 他に、鼻への温熱療法・入浴・むしタオル等、薬を使わない方法の試み。

ストラップ

 


カントリー家具

イギリス

海外ロングステイ


善哉と汁粉

ビール類

鍋料理

コーヒー

チョコレート

有機野菜

禁煙
乾燥肌

花粉症

陰金田虫

水虫

歯周病

 
 
~4, 6.12.27